フサッチ

   

『医薬品』と『医薬部外品』『化粧品』の大きな壁

育毛剤の大半は医薬部外品に分類されている事実

医薬品という言葉の壁

育毛剤だけに限った話ではないが、私たちが普段使っているものは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類される。例えば、シャンプーや歯磨き粉、化粧水などを手にとってチェックしてみてほしい。医薬品、医薬部外品、などが四角い囲いで表示されていないだろうか。もしもこのような表示があれば「薬事法で効果が認められている成分が配合された商品」だと判断して良い。

この表示は「薬事法」というかなり厳しい審査基準を持った法律によって判定されている。原材料はもちろん、製造方法なども考慮されているほどだ。

なんとなく医薬品については理解できると思う。要するに「薬」だ。しかし医薬部外品と化粧品の明確な違いまで説明できる人はそう多くはないだろう。今回は育毛剤におけるこれらの違いなどに焦点を当てていきたい。

【医薬品】
文字通り、病院などで処方される、あるいは薬局やドラッグストアなどで販売されているものが該当する。風邪薬や頭痛薬などは医薬品だ。

定義としては、特定の症状に効果が認められている有効成分が入っていること、と考えるのが分かりやすい。

さらに詳しく見ると、ほぼすべての人に効果が認められることもニュアンスとして含まれているのも特徴だ。同時に必ず用法・用量を守って使わなくてはならないのも医薬品。有効成分は正しく使えば私たちの手助けをしてくれるが、過剰な摂取・使用は副作用のリスクがある。

医薬品に分類される育毛剤の数はそう多くはない。例えば病院で処方されているのはフィナステリドという有効成分が配合されているプロペシア(男性型脱毛症:AGAに効果)、そしてミノキシジル(血行を劇的に改善させて発毛を促す)が挙げられる。いずれも厚生労働省だけでなくアメリカ食品医薬品局(FDA)からもその薬効が認められているので信頼度は非常に高い。

なおミノキシジルを配合している育毛剤は国内ではリアップシリーズのみとなっている。市販されている医薬品育毛剤が欲しいならリアップを選択するほかない。

しかし病院(AGA治療をしている皮膚科やヘアクリニックなど)でプロペシアやミノキシジル、あるいは両方を同時に処方してもらえるので、一度は受診も兼ねて病院に通ってみることを強くオススメする。

【医薬部外品】
医薬部外品は医薬品ではないものの、医薬品に近い存在…というちょっと分かりづらいものだ。

効果や効能が認められてはいるものの、病気やケガを必ずしも治療できるとは限らないので、どちらかというと「予防」に重点を置いているものが多い。また医薬品と同様、どういった症状に効くのかがハッキリと定められている。

医薬品と医薬部外品の最大の違いは効果の高さ。医薬品の場合、ほぼ誰でも使用すれば特定の症状に効果が見られる。一方の医薬部外品は誰にでも必ず認められるとは限らず、あくまでも「効果が期待できる」程度にとどまっている。両者の違いはここだ。

育毛剤のほとんどはこの医薬部外品に分類されている。つまり、積極的に薄毛や抜け毛が改善されるとは限らない、というわけだ。しつこいようだが、あくまでも「効果が期待できる」レベルだということを忘れてはいけない。

さらに言うと、医薬品の場合はどういった成分が配合されていて、どういった効果・効能があるのか、を必ず表記している。しかし医薬部外品の場合だと、これらの表記は省力されて「医薬部外品」と記載されているだけに留まるケースも相当多い。つまり、正確な配合されている成分をチェックするのも一苦労。果たして本当に育毛効果が期待できるのか不安にもなってくる。

ただしアレルギーを始めとした、皮膚障害などを引き起こす可能性がある成分は「表示指定成分」として絶対に表示させなくてはならない。これがあるからまだ医薬部外品は安心して使えるともいえる。

ちなみに医薬部外品のほかにどういったものが医薬品に分類されるのかというと、歯磨き剤、制汗スプレー、染毛剤、入浴剤…といったものがある。ほとんどの育毛剤はこれらと同列なのが現状だ。

【化粧品】
実は化粧品は2001年に規制緩和され、これによって相当自由度が増した。

育毛剤だけに限った話ではないが、化粧品に分類される商品に根強いファンが多いのはこの規制緩和が大きいとも言われている。

化粧品はメーカーが開発した新成分をいち早く商品として提供できる分類だといって差し支えないだろう。

化粧品の主な目的は清潔・美化。つまり育毛剤というよりは、女性が美しい髪を作るために利用しているアウトバストリートメントなどに近い。

他には石けん、歯磨き剤、シャンプー、リンス、スキンケア用品などが該当する。

まとめ

なんとなく人気が高いから、有名だから…という理由だけで育毛剤を選ぶ人は相当多いと思う。かつての私も、ネットの口コミや体験談、掲示板でのやりとりなどを見ながら「この育毛剤がだめだったら、次はみんながオススメしているこれを試してみようかな…」なんて考えていたものだ。

しかし、育毛剤にも医薬品や医薬部外品といった薬事法に基づいた分類があるわけだから、商品を選ぶときに検討するべきものだと言い切れる。

効果の高さで行くと、医薬品>医薬部外品>化粧品の順番。なんとなく、イメージもつくのではないだろうか。少なくとも化粧品よりは医薬品の方がしっかりと効果が実感できるようなイメージは誰だって持っているだろう。

先述した通り、現行販売されているほぼすべての育毛剤は医薬部外品に分類されている。中には本当に育毛効果を実感できた人がいる一方で、私のようにどれを試してみても、辛抱強く使い続けてもまったく効果が実感できなかった…という人がいるのも納得がいくはず。何せ、医薬部外品は「効果が期待できるレベル」に留まっているのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - だからこんな育毛剤は使うなって!