フサッチ

   

全額返金保証の罠に気をつけろ

全額返金保証は所詮マーケティング手法のひとつだと知ろう

全額返金保証の罠とは

最近の育毛剤はほとんどが「全額返金保証」を用意している。そしてほとんどの人はこれをポジティブに捉えている傾向が強い。そしてそう考えるのも分からなくもない。かくいう私も、色々な育毛剤を試していた時は全額返金保証が用意されているものを優先的に選んでいたこともある。
しかし、結論を先に述べると「全額返金保証はマーケティング手法ひとつにすぎない」。

全額返金保証をつけると売り上げが大幅に上がる

マーケティングの基本となるのは「どれだけ多くの人に興味を持ってもらえるか」だ。もちろん、商品の中身で勝負するのは当たり前として、プラスして何か付加価値があったほうがより魅力的に映る。

そこで手軽に導入できて、特にコストダウンのリスクもない、ということで「全額返金保証制度」を取り入れることを推奨しているセミナーばかりだ。つまり、現代のインターネットを使った大量顧客を相手にするマーケティング術では全額返金保証は付けて当たり前の手法となっているわけだ。
他の育毛剤に全額返金保証がついているのに、自社の育毛剤にはついていなければ、それだけユーザーを逃してしまうことになりかねない。だからこそ、どの育毛剤にも全額返金保証がついているという風に考えれば良い。

ユーザー側から見た全額返金保証

この全額返金保証をユーザー側からの視点で考えてみよう。
「全額返金保証ができるくらい商品に自信があるんだろうな」
「もしも効果が現れなければ返金してもらえばいいからちょっと試してみようかな」
という風に考える人が多いだろう。かくいう私もそう思っていたクチだったりする。
育毛剤は決して安い買い物ではない。だからこそ返金してくれるのは何とも心強いように感じられる。

しかしよくよく考えてみて欲しい。育毛剤はヘアサイクルの関係上、3ヶ月~4ヶ月は使い続けないと効果が現れにくい(実感しづらい)。これはたとえ医薬品であっても同じことだ。
そこで「効果が無かったから全額返金して欲しい!」と電話したとしよう。すると相手は必ずこう切り替えしてくる。

「本当に毎日使い続けましたか?」
「効果が現われないなら使い方が悪いのかもしれません。具体的にどのように使ったのか正確に教えてください」
「うちの商品だけに限らず育毛剤は長く使わないと効果が出ないものですよ?」

こんなふうに言われてしまったら、まるで自分が悪いように感じてしまう人も出てくるだろう。そもそも日本人はあまり自己主張をしない国民性だから、何となく相手の言い分が正しいように感じて、モヤモヤしたまま引き下がってしまうケースは多い。要するにナメられている。
また、買った当初は「効果が無かったら返金してもらおう」と思っていても、実際にそのときになったら「今回はハズレを引いてしまったな~」程度で終わってしまう人が圧倒的に多いのも問題。心当たりのある人は結構多いのではないだろうか。

まとめ

これらを総括して考えると、育毛剤の全額返金保証制度はあくまでもイメージアップ戦略のひとつであり、マーケティング手法の定番であることを理解しておくことが大切となってくる。
正直なところ、育毛剤の原価というのはいうほど高いものではない。じゃどうしてそんなに値段が高いのか、というと広告費にたっぷりのお金をかけているからなんだ。つまり100本売って、そのうちの1~2本くらい返金を求められてもメーカーとしてはさほど痛手ではない。にもかかわらず、ホームページに「全額返金保証制度付!」と記載するだけで売り上げがアップするのだから使わない手は無いだろう。
全額返金保証付きの育毛剤を購入するときは、くれぐれも条件を見逃さないようにして欲しい。中には「開封した物は保証対象外」と小さく書かれていることもある。使った時点で全額返金保証が受けられないことに。
育毛剤を選ぶときは、これらの点についても良く考えた上でしっかりと選択していく必要があるだろう。

オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - だからこんな育毛剤は使うなって!