フサッチ

   

「必ず生える」は薬事法でアウト!

育毛剤は薬事法で医薬部外品に分類されるため明確な効果を表記することはできない

それ言ったら薬事法でアウトだから

育毛剤の商品ページや商品の紹介ページを見ていると「必ず生える」という表現を使っているところはほとんど見受けられない。それもそのはずで「必ず生える」という表現を使ってしまうと薬事法に引っかかってしまうからだ。

薬事法というのは、商品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類している法律。

その内容は非常に厳しいものとなっていて、かなり厳密な検査を重ねた結果正確に分類されているので信用できるものだと断言できる。
ではどうして育毛剤で「必ず生える」というキャッチコピーを使ってはいけないのか、について紹介していきたいと思う。

育毛剤は医薬部外品に分類

現在市販されている育毛剤のほぼ全てが医薬部外品に分類されている。
医薬部外品は「特定の症状に効果が期待できる」レベルの商品が該当する。ほとんどの育毛在外医薬部外品に分類されていることを考えると、厳密な発毛効果結果が得られていない、ともとらえることができるわけだ。そう考えると、どれだけ効果がありそうな謳い文句だとしても、医薬部外品の育毛剤である限りは所詮その程度の効果しか得られない可能性が高い、ということにもなる。

必ず生えてくるなど、効果を保証するようなキャッチコピーを使えるのは「医薬品」に分類された商品だけだ。医薬品として認められるためには、正確な検査を受け、その上で誰でも一定の効果が得られることが保証されなくてはならない。
実際に身近にある医薬品について考えてみると分かりやすいと思う。例えば頭痛薬。パッケージの中には取扱説明書が入っているはずだが、そこには「頭痛、発熱、肩こりに効く」といった効果の対象が明確に記載されている。さらに、用法・用量も明示されているはずだ。

一方の医薬部外品をチェックしてみて欲しい。例えば入浴剤や歯磨き粉などがこれに該当する。特定の症状に効果がある、といった記述は無いはずだ。入浴剤に関して言えば「肩こりや疲労回復に!」といった記載があるかもしれないが、これらは「病気」とは捉えられていない。だから記載してもOK、という少し分かりづらい部分もある。

これらを踏まえた上で育毛剤について考えてみよう。

男性の薄毛や抜け毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)によって引き起こされていることが分かっている。もちろん、極度のストレスなどによって生じてしまった円形脱毛症などのパターンもあるが、いずれにしても「特定の原因によって引き起こされる症状としての抜け毛や薄毛」として取り扱われている。
これにピンポイントで効果がある、と宣伝できるのは薬事法では医薬品に分類されたものだけ。

となると、医薬成分を配合している育毛剤なら「必ず生える」という表現を使って良いことになる。もしも医薬成分を使っていないのにこういった表現が見られるのなら、その育毛剤は罰せられるべきであり、私たちはそれを購入するのは控えた方が賢い選択となる。

オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - だからこんな育毛剤は使うなって!