フサッチ

   

実際のところ効果が認められているのは『AGA治療薬』だけ!

薄毛や抜け毛を改善できるのはAGA治療薬だけ!

効果が認められてるのはAGA

育毛剤では不可能

ネット上にもドラッグストアにも実に様々な育毛剤がずらりと並んでいる。正直、一般の人よりも育毛剤に詳しいはずの私でも、すべての商品の特徴や有効成分を空で紹介するのはキツいものがある。
どうしてこんなにも大量の育毛剤が当たり前のように販売されているのか。それに疑問を抱いたことは無いだろうか。考えられるのは以下のような理由だ。

たくさんの育毛剤があり、そのいずれも確かな効果があるから
全部効果が実感できないから

希望としては前者であって欲しいけれど、残念ながら後者が理由。
それもそのはずで、市販されているすべての育毛剤が全部確実に育毛効果を生み出せるのなら、安くて使い勝手の良いものだけが売れるはずだ。
また、どれか特定の育毛剤にだけ確かな育毛効果が存在しているのなら、多少値段が高くても人気が集中してそれしか売れなくなるはずだ。
しかしそうではない。

それぞれの育毛剤はもっともらしい成分を開発し、もっともらしい理由をつけて販売している。その結果、今のように次々と新しい育毛剤が登場しては古いものが消え去っていく。

ではその成分は厚生労働省やアメリカ食品医薬品局(FDA)に発毛成分として認められているのか?そんなことは無い。つまり医薬品とするには不十分な、医薬部外品止まりの代物でしかない。
ちなみに医薬品は誰にでも特定の効果が見られる成分を含んだもの。医薬部外品は特定の効果が「期待」できる成分を含んだもの…という違いがある。
ではどうしてメーカーはこぞって育毛剤を次々と投入してくるのか。答えは至極シンプルで「儲かる」から。これに例外は無い。商売はボランティアではない。売れるためなら、多少汚いことは誰だってやる。特にコンプレックスに訴えかける商品ほどその傾向が顕著だ(ダイエット食品や健康食品など)。

もちろん育毛効果が認められている成分はすでに存在している。いわゆる「AGA治療薬」と呼ばれるものだ。

具体的にはフィナステリドを配合したプロペシア、そしてミノキシジルである。これらは日本の厚生労働省、そしてかなり審査基準が厳しいFDAからも「発毛成分」として認可されている。
「じゃあプロペシアやミノキシジルを使えば良いじゃないか!」と思うかもしれない。その通りなんだ。

しかし、残念ながらAGA治療薬は病院で処方してもらわないと手に入らない。ミノキシジルに関してはリアップシリーズで使われているのでドラッグストアなどで購入できることはできる。
病院や薬局で処方してもらわないと手に入らないからAGA治療薬はあまり普及していないし、そもそも世間に知られる機会が薄い。

時折テレビCMで「AGA治療は病院で」といったものを見かけるが、そこでプロペシアを始めとしたAGA治療薬が存在していることをしっかりとアピールできているか、といわれれば弱いように感じる。もしかすると「手術すればAGAは治るのかもしれないけれどそれは怖いなぁ」と勘違いしている人もいるかもしれない。

AGA治療薬の存在が十分に浸透していない今だからこそ、育毛剤がここまで幅を利かせているといっても過言ではない。ネットで調べたり、市販されている育毛剤に疑問を持てた人はすでにAGA治療薬を服用しているはずだ。

まとめ

育毛剤メーカーの人たちも食べていくためには商品が売れないと困る。そういった背景もあるからだろうか。
あまりAGA治療薬を積極的に広めようという姿勢は見られないし、いまだにネットでは「育毛剤が効果的!」と宣伝しまくっている。
しかし、実際のところ効果が認められているのは「AGA治療薬」だけだということを考えれば、市販されている育毛剤を使おうという気は失せるはずだ。

オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - だからこんな育毛剤は使うなって!