フサッチ

   

薄毛と悪性前立腺がんには関係性があった?

薄毛のパターンによって悪性前立腺がんのリスクが分かるかもしれない

ガンと薄毛の関係性

アメリカで「薄毛と悪性前立腺がん」の関連性について調査されている。そして、その結果「45歳のときまでに特定の薄毛パターンが見られる男性はそうでない男性と比べて悪性前立腺がんのリスクが39%も高い」ということが報告された。

これによって、薄毛の男性は悪性前立腺がんを発症するリスクが高いとがん検診の判断基準に加える方向で動き始めている。といっても、現段階ではまだ明確な研究結果が出ているわけではないので「ハゲているから悪性前立腺がんになる」と過剰に心配することはなさそうだ。

今回の調査で指摘されている特定の薄毛パターンは「前頭部、頭頂部の両方が薄毛」となっている。いわゆる典型的な男性型脱毛症:AGAだといえそうだ。
しかしこの調査には疑問も残る。というのが、調査方法がなんともあいまいだからだ。内容は「被験者の記憶を頼りに、45歳時にどの薄毛パターンに当てはまるか、を5つのイラストから選ぶ」というもの。そして男性4万人の被験者の平均年齢はおよそ70歳。結構昔の記憶を頼りに回答していることが分かる。

このときの違いを集計した結果、前頭部と頭頂部の両方が薄毛だった人の方が、そうでない人よりも悪性前立腺がんのリスクが39%高かった、という内容だ。
まだまだ改良の余地はあるだろうし、より詳しい研究が加わることだろう。今後の報告に注目したい。

もちろん、普段からがんのリスクを減らすための生活習慣を意識することが大切だ。食生活、生活リズム、睡眠、喫煙、飲酒など改善すべきポイントはたくさんあるだろう。そしてこれらを改めることは同時に薄毛や抜け毛を予防し、育毛を進めてくれる足がかりになることも覚えておいてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地