フサッチ

   

表皮細胞が健康だと育毛もはかどる!表皮細胞と毛の関係について

育毛のためには頭皮環境を整えてあげることが大切。

これは今や一般常識の1つと言っても過言ではないレベルにまで浸透するようになった。

そこで用いられているのが育毛剤なのだが、育毛剤がどのように働きかけ、どの部分に有効なのか、というところまでしっかりと把握できている人はあまり多くは無い。

もちろん「育毛」という結果が得られればそれで良いのだろうが、ある程度仕組みを理解しておくとまた育毛に対する取り組み方も変わってくるだろう。

ということで今回は表皮細胞と毛の関係について考察していきたいと思う。

表皮細胞はどこにある?

まず表皮細胞がある場所から紹介していく。
名前の通り皮膚の最も外側にある、私たちが「皮膚」と認識する部分が「表皮」と考えて差し支えない。

実は育毛剤の有効成分が浸透するのは表皮までだったりする。
厳密にいうと表皮の「角質層」まで。

もちろんナノ化された有効成分などは毛穴から毛乳頭まで浸透するものもあるが、ほぼ全ての有効成分は表皮細胞に働きかけるといえるだろう。

表皮細胞が元気になると育毛に繋がる?

表皮細胞は色々なダメージを受けやすい部分だ。頭皮の一番外側にあるわけだから当然と言えば当然。
つまり、抜け毛や薄毛に悩んでいる人は表皮細胞が元気でない可能性がある。

これを改善してあげるのが育毛の本質。

そもそも髪の毛が生えてくる毛穴は表皮細胞に穴が開いて存在している形になる。

毛穴の周辺の表皮細胞が何らかのトラブルを抱えていれば、そのまま毛穴にも悪影響を与えてしまいかねない。

例えば炎症が起こってしまったり、フケが大量に発生している場合、抜け毛のリスクが高まる。

そして同時に表皮細胞も元気ではないだろう。

育毛剤の有効成分でこれらを改善してあげれば表皮細胞は再び元気になり、育毛に適した頭皮環境と言えるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地