フサッチ

   

ハゲない人とハゲやすい人の特徴を比較してみよう

「同じ年なのに私はハゲているのにハゲていない人もいます。何が違うんでしょうか?」

ハゲない人の生活 ハゲる人の生活

という質問をいただいた。これは多くの人が気になっていることではないだろうか。ということで今回はハゲやすい人の特徴と、ハゲにくい人の特徴について考えていきたいと思う。
私は以前まで薄毛や抜け毛に悩んでいた。いわゆるハゲの一人だった。しかし今は色々な育毛方法を試した結果、フサフサな状態まで回復することができた。つまり、ハゲやすい人の気持ちも分かるし、ハゲにくい人の気持ちも分かる。

睡眠時間はかなり重要

個人的に相当重要だと感じたのは「睡眠時間」だ。睡眠時間をしっかりと確保できる人の方がハゲにくいし、あまり寝ていない、あるいは睡眠の質が悪い人ほどハゲやすいように感じられる。これは理屈としては成長ホルモンの分泌の関係だったり、寝不足によるストレスなどが影響しているのではないかと考えられる。
そもそも寝不足状態が続くと、髪の毛云々の前に、健康そのものに悪影響を及ぼす。そんな状態で育毛ができるわけがない、と言い切れるだろう。
実際に、薄毛や抜け毛に悩んでいない人は結構きちんと睡眠が取れているし、規則正しい生活が遅れている傾向が強いように感じられる。

性格も関係してくるか?

いつもイライラしていたり、せっかちな人の方がハゲやすいし、いつも余裕があって穏やかな人の方が入りにくいように思う。
せっかちな人は仕事ができることも多いし、パワフルに動くから周りの人たちもそれに引っ張られて仕事に打ち込める、といったことも少なくない。社会的には必要な人材だと言えるだろう。しかし、活動的な状態が続く、仕事によるストレスが多い、といった場合は交感神経が有利に働きやすい。そうなると、男性ホルモン分泌量が増加してしまい、ハゲやすい状態にある、と考えられる。
逆に余裕がある、穏やかな性格の人はマイペースに物事を進められることが多い。そうなると、オンオフの切り替えが上手だったり、休むべき時にしっかりと休める。つまり、交感神経ばかりが優位にならず、副交感神経が優位になる時間も作りやすい。これが薄毛対策には重要となる。
と言っても、仕事は生活に直結することなので、無理に変えるのは難しいかもしれない。しかし、あまりにも仕事にばかり打ち込みすぎて、いつもカリカリしているようだと髪の毛だけでなく健康面や精神面も心配になってくる。

基礎代謝が低いとハゲやすい?

普段あまり運動をする習慣が無かったり、食が細かったりすると基礎代謝の低下が起こる場合がある。基礎代謝が低いと発熱量が低かったり、血行が悪い傾向にある。つまり、髪の毛の成長に必要な栄養を送りづらい体質だと言える。
適度に運動をすること、栄養バランスの取れた食事を心がけること、睡眠を十分とること。このあたりが大切になってくる。

まとめ

ハゲやすい人、ハゲにくい人の特徴をまとめてきた。要するに、健康的な生活を送っている人の方がハゲにくいことが結論として述べられるだろう。
と分かっていても、なかなか改善しづらい部分も少なからずあるだろう。無理に今までの生活を変えるのは、それがストレスに繋がることも懸念される。
自分ができる範囲から少しずつ育毛に取り組んでいくのがベストだろう。まずは自分の問題点をきちんと把握するために、メモ帳などに箇条書きでリストアップしてみてはいかがだろうか。そして書き上げた内容をひとつずつ吟味して、どれなら改善のために取り組めるかを考えてみよう。育毛剤や育毛シャンプーなどの導入を検討するのはそのあとでも遅くは無いはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地