フサッチ

   

線維芽細胞増殖因子5(FGF-5)が育毛や抜け毛と深い関係にある!?

育毛について色々と調べていると、専門用語がかなりたくさん出てくる。

もちろんこれらをひとつひとつ理解するのはかなり大変なことなのだが、1つ覚えておきたい専門用語がある。

それが「線維芽細胞増殖因子(FGF)」というものだ。

中でも特に見かける機会が多いのが「線維芽細胞増殖因子5(FGF5)」ではないだろうか。

線維芽細胞増殖因子ってなんだ?

この線維芽細胞増殖因子というのは現時点で1~11まである。

名前の通り、基本的には細胞を増殖させるための因子であり、これが命令を出すことによって髪の毛の成長だったり、細胞分裂だったり…と言った代謝が行われるようになる。

これらの中で異色なのが「線維芽細胞増殖因子5(FGF5)」になる。

他のFGFは細胞を増やしたり、髪の毛を促進させたりする指令を出すのだが、FGF5だけは「髪の毛を抜けさせろ」という指令を出している。

ヘアサイクルと密接な関係がある

人間の髪の毛はずっと伸び続けるわけではない。
ある程度成長したら自然と抜け落ち、抜けた分は新しく生え始める。これがヘアサイクルと呼ばれるものだ。

具体的には髪の毛が成長する「成長期」、成長が止まって脱毛の準備・脱毛が起こる「退行期」、そして次の髪の毛が生えるまでの準備にあたる「休止期」のサイクルから成り立っている。

自然なヘアサイクルでも、髪の毛が抜ける過程が必ずあるわけだ。その際に活躍しているのが線維芽細胞増殖因子5(FGF5)というわけ。

しかし薄毛や抜け毛に悩む人はこのヘアサイクルが乱れてしまっている。つまり、FGF5がかなり活発に活動している、あるいはFGF5の働きを抑制しているFGF5s(名前が似ているので混同しやすい。注意)が弱まっている可能性が高い、と判断できる。

マウスの実験でもFGF5の働きが

FGF5の働きについては、すでに実験などで実証されている。とくに有名なのは、マウスに関する実験だな。

ノックアウトマウスとはある特定の遺伝子を機能しなくしたマウスのことだが、FGF5遺伝子の働いていないノックアウトマウスを作った事例がある。このノックアウトマウスを見ると、ほかのマウスと比較して体毛が長くなった。ということは逆説的に、FGF5には毛を短くする役割があるとも解釈できるな。

そのほかにもアンゴラマウスという種類がある。
アンゴラマウスとは自然変異で発生した種類とされていて、ほかのマウスと比較して体毛の長いのが特徴。このアンゴラマウスの遺伝子について研究した事例もある。

この研究結果で、アンゴラマウスにはFGF5遺伝子に異常のあることが分かった。

FGF5遺伝子の異常によって、十分に機能できていないことが判明したのだ。

ノックアウトマウスとアンゴラマウスの2つの結果を見れば、FGF5が体毛を短くする働きのあることが推測できるな。FGF5は毛の長さを調整する働きがあり、FGF5が正常に機能しなくなると体毛が伸びていくわけだ。
この研究はどんどん進められていて、マウスだけにとどまらなくなってきている。例えばアンゴラウサギの実験も行われている。

FGF5の働きを抑制したウサギの体毛も伸びることが立証されている。
さらには人に関する研究もおこなわれている。パキスタンのとある家系で、他と比較してまつげが著しく長い人々がいる。眉毛にまで届くほどの長さになる人もいて、長睫毛症と紹介されることもある。

この長睫毛症の人の遺伝子を検査してみたところ、FGF5のたんぱく質をコードする遺伝子に変異の入っていることが判明した。

ちなみに長睫毛症の家計の人を調査すると、腕毛も普通と比較して長いことも分かっている。
このようにいろいろな側面から研究が進められている。

その結果、FGF5と体毛の成長には密接な関係があることがわかっているぞ。

FGF5の働きを抑制するFGF5sとは?


FGF5が体毛の長さを調整する働きがあることは、上で紹介したように色々な研究で判明している。
そしてこのFGF5と対極の働きをする遺伝子として、FGF5sの存在も分かっている。

FGF5はもともと悪い遺伝子ではない。髪の毛は成長して一定の長さになると脱毛して、また髪の毛が生えるというヘアサイクルを一定のリズムで行っている。
成長もひと段落して、そろそろ抜けてもいい髪の毛に対して、「抜けてもいいぞ」という信号を出すのがFGF5の役割だ。

このFGF5の働きは、新陳代謝を機能させるにあたって必要なものだ。ただしヘアサイクルが崩れてしまうと好ましくないな。抜け毛が増えて、薄毛の状態になってしまうからだ。

そこでFGF5の働きに対してブレーキをかける遺伝子のあることも分かってきている。それがFGF5sだ。

FGF5sはたんぱく質の一種で、人間の体内にもともとある成分だ。
FGF5sが発見されたことで、薄毛・抜け毛対策が飛躍的に発展したといわれている。

髪の毛は先ほども紹介したように、成長してある程度のところで抜けて、また髪の毛が同じ毛穴から生えているというヘアサイクルを一定のリズムで繰り返している。薄毛に悩んでいるヤツは、このヘアサイクルが乱れているわけだ。

薄毛のヤツは髪の毛の成長期間が通常と比較して、極端に短くなっている。

だから髪の毛がしっかり成長せず、細く短い髪の毛しか生えてこないからボリュームダウンしてしまうわけだ。
つまりヘアサイクルの中でも成長期を長くすれば、薄毛のヤツでも髪の毛を伸ばせることはわかっていた。

しかし成長期を伸ばすにはどうすればいいか、具体的な対策がはっきりしなかった。ところがFGF5sが発見されたことで、これを体内に取り入れれば脱毛を遅らせることが可能で、成長期が伸びその結果髪の毛を長く伸ばせることが分かった。

先ほども紹介したように、FGF5sはもともとオレたちの体内にあるものだ。

つまりFGF5sを外部から体内に取り入れたところで、副作用などが起きる心配もない。
ハイリスクローリターンで育毛対策ができるということで、にわかに注目を集めているな。

すでに販売されている育毛剤の中には、間接的に体内でFGF5sを増やすことができる成分を配合したものも出てきている。

以下で具体的に見ていくが、これからの時代FGF5sをいかに増やすかが発毛・育毛対策のポイントになるだろうな。

FGF5対策が育毛に繋がる?

となると、乱れたヘアサイクルを整えるためにはFGF5のバランスを整えてあげることが有効だと判断できる。

と言っても、体内で自動的に生成されているものをコントロールするのはなかなか難しい。そこでFGF5に働きかけるタイプの育毛剤も登場している。これらを活用するのは効果的かもしれない。

しかし、頭皮マッサージやストレス発散、栄養バランスの取れた食生活など、理想的な生活習慣を心がけることがFGF5対策になることも分かっている。どちらも大事な要素となってくるので、セットで見直していきたい。

FGF5、どう対策する?

上で紹介したように、FGF5には髪の毛を抜けさせる信号を出す働きがある。
薄毛・抜け毛に悩んでいるヤツがいれば、このFGF5の働きを以下に抑制するかがポイントになるな。

FGF5対策で育毛を進める方法は、すでにいろいろと紹介されているぜ。FGF5を抑制して抜け毛予防したければ、以下で紹介する方法を試してみるといいぞ。

M-034の配合されている育毛剤を使ってみる

育毛剤はいろいろと販売されているがその中には、M-034の配合されているものもある。
実はこのM-034、FGF5の働きを抑制して髪の毛の成長期間を延ばす働きが期待されている。

FGF5にはもともと髪の毛や眉毛、まつげなど体毛が長く伸びすぎないように適正なところで脱毛を促す働きがある。これそのものは体毛の長さを調整するためにも必要な働きだ。

ところがFGF5が過度に活動するようになると、必要のない成長途中の髪の毛まで抜け落ちてしまう。
FGF5が過剰に生成されると、髪の毛の成長サイクルが乱される。このFGF5の働きが過度にならないようにするために、FGF5Sがあるわけだ。

M-034にはこのFGF5Sの産生を促進する働きがある。FGF5Sの量が増えれば、FGF5の働きを活性化しないようにできるから髪の毛が抜けにくくなるわけだ

M-034はほかにも育毛効果が

M-034にはFGF5Sの産生を促すほかにもいろいろな作用があるといわれている。その中でも注目してほしいのは、VEGFの生成する作用。
VEGFとは聞きなれない名称かもしれないが糖たんぱく質の一種で「血管内皮細胞増殖因子」と呼ばれるもの。

VEGFには、毛根部分の血管のないところに新しく血管を作る作用と既存の血管を成長させ、分岐する働きがあるといわれている。

つまりVEGFを生成することで、頭皮に血管をより細かく張り巡らせることができるわけだ。

オレたちの髪の毛は、血液に含まれる栄養分を受け取ることで成長する。
つまり血液が十分に供給されないとなかなか髪の毛の成長は難しい。VEGFの産生が促進されることで、血液が流れ込みやすくなって、髪の毛の成長を促進できるわけ。
育毛剤の中には、血行を促進する効果の期待できる成分を配合したものはたくさんある。

ただし血行促進されていても、頭皮の毛細血管で詰まりが発生している、縮んでしまって正常に機能できていないと効果も意味がなくなる。一方M-034のVEGFを生成する働きは血管を新しく作ることで、毛根に栄養を供給できるわけだからより育毛効果が高く期待できるな。

ミノキシジルと同じ効果がある?

M-034の育毛効果について、すでにいろいろと実験が行われている。その中で、ミノキシジルと同等の育毛パワーを持っていることが証明されている。ミノキシジルは血管拡張することで血行促進する効果を持っている成分で、AGA治療薬でもしばしば用いられている。そのミノキシジルと同じような効果が期待できるとなると注目せざるを得ないな。

ミノキシジルは育毛効果のある半面、副作用のリスクがあるといわれる。
副作用として報告されているのは発疹・かぶれ・めまい・頭痛・めまい・心拍数の増加・血圧低下など。一方M-034はわかめやコンブ、モズクのような普段食べている海藻類に含まれている成分。だから副作用の心配をする必要がないところも魅力的だな。

M-034は、厚生労働省でもその効果が認められている成分でもある。国が認めている成分といわれると、薄毛・抜け毛に悩んでいるヤツは使ってみようと思うだろうな。
M-034の含まれている成分でおすすめなのは、チャップアップだな。

チャップアップには北海道のミツイシコンブと原料を厳選して、M-034を抽出しているところが魅力
M-034のほかにも抜け毛の原因といわれる男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロンの働きを抑制する、血流改善、皮脂の分泌抑制、頭皮環境の改善などいろいろな効果の期待できる成分が含まれている。
だから育毛効果が高く期待できるわけだな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地