フサッチ

   

薄毛やハゲがコンプレックスの時代は終わった?

ハゲに対する意識が変わっているのは「治療できる」からかもしれない

ハゲで悩む時代は終わった

薄毛やハゲは外見的に優れているとは言いがたい。長年に渡って男性のコンプレックスであり続けた。しかし、ここ数年の間にずいぶんと変わってきたのも事実だ。とあるサイトの調査では、薄毛やハゲはコンプレックスとしてはそこまで程度が高くないという回答が増えているそうだ。その理由として次のような意見がみられた。

AGAは治療できるようになった

男性型脱毛症:AGAはハゲや薄毛に悩む人の8~9割を占めている、典型的なハゲの病気だ。

そう、AGAは「病気」である。

そして現代では、AGAの治療方法も確立されている。フィナステリドを有効成分としたプロペシア、そしてミノキシジルだ。

フィナステリドはもともとは前立腺肥大治療に使われていた医療成分だが、副作用としてハゲの治療効果が見られた。そこでAGA用にプロペシアとして処方されるようになった、という背景がある。

ミノキシジルは高血圧をコントロールするための医療成分。こちらは強力に血管を拡張させることで血流を促すというものだ。髪の毛の成長に血液の流れが関係しているのは、薄毛に関心のある人ならご存知の通り。

もちろん、プロペシアやミノキシジルを使えば誰でもすぐにハゲが改善される、というわけではない。早い人でも半年、薄毛の状態によっては数年かかることもある。

しかしこれらの医薬品はアメリカを始めとした世界中でも認可される育毛成分だ。そう考えると、AGAは怖くない。

ヘアクリニックの登場

これまではカツラや植毛に頼るしかなかったハゲだが、先述したとおり病院で治療できるようになってきた。一般的な皮膚科でも処方されているくらいだ。

しかし人によっては病院にハゲ治療に行くことに抵抗を感じているのも事実。そこで人気を集めているのがヘアクリニックだ。

最初から髪の毛のことで通う病院なわけだから、恥ずかしいという思いが薄い。まるで歯医者や耳鼻科にいくような、軽い気持ち、カジュアルな気持ちで出かけられる。

ネットが救世主に

ハゲは薄毛は大きなコンプレックスだった。なぜなら人にからかわれることが多いからだ。実際に直接的に指摘されなくても、周囲の人がどんな風に思っているのかを考えると暗い気持ちになる人はたくさんいるだろう。

今は誰でもネットを使うのが当たり前の時代になってきた。すると、今までは得られなかった薄毛やハゲに関する情報が山のように見つかるようになる。

つまり「ハゲは治せる!」という道しるべを示してくれる。この存在はかなり大きいだろう。

従来なら育毛をあきらめて、ハゲであることを受け入れるしかなかったところでも、ネットで情報が手に入れば対処方法も見えてくる。

それに、ネット上で生の意見が見られるのも大きいポイントだろう。掲示板や口コミなどがこれにあたる。

悩みを共有し、一緒に解決方法を探れる。だからこそ、みんな前向きに育毛に取り組めるようになったと考えられないだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地