フサッチ

   

育毛は真皮細胞と深い関係がある!?真皮細胞を活性化させることが育毛への近道!

育毛のために頭皮ケアをすることはとても大事なことだ。

その肝心の頭皮だが、こまかく見ていくと「表皮」「真皮」「皮下」の3層構造になっている。そして皮膚全体の95%を占めているのが「真皮」になる。

何となくイメージとしては「表皮」のケアをしてあげることが育毛に繋がる、と考えられがちだが、本当に大事なのは真皮をケアしてあげることにある。

今回はそんな真皮細胞と育毛の関係について考えてみよう。

潤いを保つのが真皮細胞の役目

真皮細胞の持つ役割は主に「水分を保つこと」にある。

真皮細胞にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった保水能力の高い成分がたっぷりと詰まっている。

そしてこれらは年齢や生活習慣の乱れなどで生成量が減少してしまいやすい。

だから年齢を重ねるにつれて頭皮が乾燥しやすくなるし、薄毛に悩む人ほど乾燥による炎症が起こりやすい、と言えるだろう。

ヘアサイクルと真皮細胞に密接な関係がある

ただ単純に潤いを保つだけが真皮細胞の役目ではない。
育毛における重要なファクターである「ヘアサイクル」ともかなり密接な関係があることを知っておこう。

というのが、ヘアサイクルの過程で毛穴は深く沈んだり、表皮に近づくように浮いたりする。
これが成長期、停滞期、休止期を作り出し、ヘアサイクルを生み出している。

もしも真皮細胞の状態が悪ければ上手く毛穴が上下することができなくなってしまう。
結果的にヘアサイクルに乱れが生じて、薄毛や抜け毛が起こりやすい頭皮状態になってしまうというわけだ。

育毛剤で頭皮環境を整えてあげよう

ではどのようにすれば真皮細胞を元気にして、育毛を促進できるのかというと結局のところ育毛剤を使って頭皮のコンディションを整えてあげることが重要になってくる。

育毛剤の成分というのは表皮の「角質層」までしか浸透できないことが多い。

例えばナノ化させることで真皮細胞まで有効成分が届くタイプのものもある。

しかしそれで良い。表皮の状態がよくなれば真皮への負担が小さくなるので十分活性化に繋がってくる。

もちろん直接届くならなお良い。

正常な真皮細胞を目指して、ヘアサイクルを整えることが薄毛対策の重要なポイントになってくるので覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地