フサッチ

   

コーヒーを飲むことがハゲ予防に繋がる?

薄毛や抜け毛に悩んでいる人はコーヒーを取り入れた生活を始めてみよう

コーヒー飲むだけでハゲが防止出来る?!

日本人に好まれる嗜好品のひとつ「コーヒー」。日本人と言えば緑茶だろ!と言う人はかなり減ってきているのではないだろうか。今では嗜好品系の飲み物の定番はコーヒーと言っても差し支えない。日本人は世界的に見てもカフェインの耐性が高く、身体に適した飲み物だと言える。
ということで今回はコーヒーの持つ育毛に嬉しい効果と、気をつけるべき飲み方について紹介していく。

コーヒーのメリット

まずはコーヒーを飲むことでどのようなメリットが得られるのかをチェックしてみよう。
まずひとつは「体を冷やす効果」がある。コーヒーはもともと暑い国が原産だ。ブラジルが有名。飲むことによって体が冷えるので、暑い夏にアイスコーヒーを飲むのは理に適っていると言えるだろう。
育毛について勉強したことがある人なら「体を冷やしちゃダメなんじゃ?」と思うだろう。しかし、コーヒーに含まれるカフェインが血行を促進してくれるので、トータルで見ると血液の流れ自体は良くなる。また血液をサラサラにしてくれるので生活習慣病対策にも効果が期待できる。

さらに、コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」というポリフェノールの効果も大きい。ポリフェノールのひとつなので優れた抗酸化作用が期待されている。また同時に、血液をサラサラにしてくれる。薄毛や抜け毛の原因のひとつに老化が挙げられるか、クロロゲン酸によってこれをある程度改善できるだろう。いわゆるアンチエイジング効果というやつだ。

コーヒーの飲み方には注意するべき

何かとメリットが多いコーヒーだが、飲み方を間違えると逆に薄毛や抜け毛を引き起こしてしまう可能性が出てくる。もちろん体そのものへの負担も大きい。
まずひとつは、寝る前に飲むのは避けるべきだということ。カフェインを摂取すると眠気が覚める。これが大体5時間~6時間くらい継続すると言われている。育毛において睡眠はとても重要なものなので、コーヒーを飲むことによって良質な睡眠が妨げられるようだとむしろ悪いものになってしまうだろう。

成長ホルモンの分泌が活発になる22時~2時の間にはしっかりと抜けておいて欲しいので、大体夕方の4時~5時の間以降はコーヒーは控えたほうが良いかもしれない。
次にコーヒーを飲む量について。こちらは結構個人差が強いのだが、理想的には1日あたり4~5杯くらいまでに抑えるのがちょうど良いとされている。というのも、カフェインは慢性中毒、急性中毒のどちらも引き起こす可能性がある。頭痛、筋肉痛、倦怠感、ストレス、悪夢…中毒症状がかなり重くなってくると精神疾患を引き起こすこともあるそうだ。
ということで、あまりコーヒーを飲み慣れていない人は1日1~2杯くらい、飲み慣れている人でも4~5杯くらいまでに制限することを覚えておこう。

まとめ

まるで水のようにコーヒーをガブガブ飲んでいる人もいるが、あくまでも「嗜好品」であることを忘れてはいけない。水ではない。
確かに体に与えてくれる色々な嬉しいメリットはたくさんある。コーヒーの研究は盛んだし、国内はもちろん海外からの注目も高い。
コーヒーが苦手な人は育毛のためだけに無理をして飲む必要は無いが、好きな人こそ飲み方に注意するべきだろう。

ちなみに、コーヒーを飲む時はできれば砂糖などは加えずに、ブラックで飲むことをオススメする。というのも甘いコーヒーを飲む習慣がついてしまうと、あっという間に糖分過剰摂取になってしまいがちだからだ。糖分を取り過ぎると皮脂の過剰分泌に繋がってそこから薄毛や抜け毛が引き起こされる可能性がある。
ブラックだと胃が荒れてしまう人でも、砂糖抜きのカフェオレにしたいところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - フサッチの育毛番外地