フサッチ

   

お試しにプロペシアを使ってみたい!でも使用を中止するとリスクが生じるぜ

mittu
プロペシアの使用を中止すると3つのパターンがありうる

AGAの治療薬としてミノキシジルとともにしばしば処方されるのがプロペシアだな。
プロペシアはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を少しでも抑える効果があって、抜け毛が増えないようにできるぞ。でもプロペシアをお試し感覚で使用して、勝手に中止すると3つのパターンが考えられるぜ。

特別変化のないケース

まずは特別変化のないケースだな。プロペシアを使っても髪の毛のボリュームに特別変化がなかった、プロペシアを服用して副作用が起きなかった場合、中止しても特別変化はないだろうな。要するに効果も副作用もなかったということは、プロペシアがそいつの体にほとんど影響していなかったわけだな。

プロペシアの効果があったケース

2つ目のパターンとして、プロペシアの効果があったケースだ。プロペシアを服用して抜け毛が減った場合、中途半端なところで使用を中止するとせっかく抜け毛が止まっていてもまた抜け毛が増える可能性があるな。リバウンドの抜け毛バージョンのようなもので、抜け毛が増加して逆に使用前よりも髪の毛が減ってしまうこともあるぞ。

副作用

最後のパターンがある意味最悪かもしれないな。プロペシアを服用したところ、副作用が発生してしまい、それでやめようと思っているヤツもいるかもしれない。それでプロペシアの使用を中止しても、副作用だけが継続してしまうことがあるんだ。このような使用中止しても副作用が止まらない状況を、ポストフィナステリド症候群というんだぜ。

ポストフィナステリド症候群とは何か?

ポストフィナステリド症候群とは、プロペシアの使用を中止した後でいろいろな副作用の症状が出てしまうこと。
プロペシアの主成分はフィナステリドだから、このような病名がつけられた。だからフィナステリドを配合している医薬品でも、この症状を引き起こす可能性があるな。
具体的には、フィナステリドの服用を中止してから10~20日程度でフィナステリドによる副作用が一時的に解消したり、また副作用が起こったりすることだ。
症状としてはいろいろなものがあるが、3つのジャンルに分類できるな。

男性機能に関する症状

まずは男性機能に関する症状だな。簡単に言えばEDが起こる。性的な刺激を受けても勃起しない、十分な硬さにならない、中折れが起きるなどだ。そのほかには性的な快感がなくなって、射精障害が起きるケースもあるぞ。ひどくなるとそもそも性欲そのものが低下する、さらにまったくなくなってしまうこともあるんだ。

肉体面での変化

2つ目は肉体面での変化だな。筋肉の低下やけいれん、脂肪量が増加する肥満、皮脂分泌が鈍ることで乾燥肌になることがある。さらに女性化してしまうこともありうる。女性のように胸が膨らんでしまうんだ。

精神面の症状

最後に精神面の症状がある。感情の起伏が低下して、喜怒哀楽が出にくくなる、不眠症に悩まされる、頭の回転がダウンする、記憶障害などの症状が考えられる。ひどくなるとうつ病を発症しているのに近い状態になるかもな。

もちろんこのような副作用が現れないやつもたくさんいる。さらに副作用が出た場合でもどれがどの程度の症状で出るかも個人差がある。
ポストフィナステリド症候群はひどくなると、内分泌系が完全に壊れることもあるぞ。すると男性ホルモンのテストステロンの生成能力がダウンしてしまって、性腺機能低下症という別の病気を発症してしまうこともありうるな。

アメリカでは財団もできている

6dcc9a3ce134cabab9bfb9a75a82443f_s
ポストフィナステリド症候群は深刻な状況になることも十分あるな。
アメリカでは、2012年8月にポストフィナステリド症候群財団と呼ばれるものが設立されているほどだぜ。ポストフィナステリド症候群についての研究を行う、病気に苦しんでいる人を救うための活動を展開している。これだけ見ても、世界的には深刻な症状と受け取られていることがわかるな。
ポストフィナステリド症候群のどこが問題か、それはいったん発症するとなかなか治癒しない点だな。人によって様々で、中には数か月程度で感治するケースもある。しかしその一方で、何年もポストフィナステリド症候群に苦しんでいる人もいる。
日本の場合さらに厄介なことに、AGA治療についての歴史が世界と比較するとまだ浅い。このためプロペシアについての症例データが少ない。よって体調の不調を病院で訴えても、ポストフィナステリド症候群と診断されずに適切な治療が受けられないケースもあるみたいだ。それで結局自分一人で悩みを抱え込んでいる人も多いな。

ポストフィナステリド症候群を発症する危険性は?

永続的に症状が続くかもしれないポストフィナステリド症候群といわれると、プロペシアの服用は怖いと感じるな。
でもポストフィナステリド症候群を発症する危険性は、そんなに高くないぞ。ポストフィナステリド症候群を発症する人は、プロペシアの服用した人のうちの5%といわれているぜ。
でもプロペシアを服用すると、このような副作用に苦しむ危険性があることは頭に入れておいてもいいかもな。
もしプロペシアの服用で何か体調面で不安を感じるようであれば、AGAの主治医に相談することだな。そうすれば、適切な治療を受けられるはずだぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - AGA・薄毛対策をクリニックでするなら