フサッチ

   

アートネイチャーの4Dαで生え際まで増えるぞ


アートネイチャーを徹底調査!
オレたちハゲの悩みに長年研究してきた会社と言えば、アートネイチャーだ。

CMでも昔から有名だからみんな知っているよな。有名な企業だが、そこでどんなことが行なわれているかというのは実はあまり知られていないものだ。

アートネイチャーのCMから、なんとなく「頭皮の掃除をしてくれて、増毛をする会社なのかな」くらいは分かるだろう。

しかしその内部で行なわれている最先端の増毛の技術を知ったらあまりの高レベルに驚くぞ。

薄毛、抜け毛にお悩みならアートネイチャー!

アートネイチャーは1965年から存在している会社だ。

オレたちのように薄毛、抜け毛の悩みを抱えているヤツのために、50年以上も取り組んできた会社というわけだ。アートネイチャーとよく比較されるのがアデランスだが1968年創業となっている。つまり日本においてはアートネイチャーは最も歴史のある増毛業者というわけだ。

アートネイチャーは時代のニーズに合わせて、新しい製品を次から次へに発表しており、常にお客様満足度が高い。これは簡単なようで簡単じゃないんだ。

日本の経済市場では製品の質や経営体質が悪いと、やがて会社として廃れていってしまう。

ましては一般人は恥ずかしいという思いがあって気軽に訪問できないカツラ増毛業界にあって、21世紀に入った現在までも、ずっと存在し続けているのは、相当な企業努力が払われているからであることが分かる。

そんなアートネーチャーが今打ちだしている新製品知っているか?4Dα(フォーディーアルファ)というものだ。

生え際まで髪で増やす!新技術!4Dα 誕生


アートネイチャーの最新式増毛法、それが4Dα(フォーディーアルファ)だ。どんな増毛方法か気になるよな。オレさまフサッチが徹底調査したからお伝えしよう。

4Dαは取付器具でカツラを装着するというものではなく、頭皮にシールで張り付けるものでもない。今生えている毛を土台として、そこに毛髪製品を増やすという方法のようだ。

単に残存している毛に人工毛髪を編みこんでいくという方法は今までもあった。だがこれまでの方法とは決定的な違いがある。

例えば、おでこのハゲがある程度進んでしまっている場合、どうしても増毛できる範囲に限界があったよな。だが4Dαではなんと生え際まで増毛が可能だ。「オレはハゲていなかったのか?」と思えるほど自然に仕上がるぞ。

どうしていままでできなかった生え際までの増毛ができるようになったのか?その点に注目したい。

生え際までの増毛が可能なのは、アートネイチャーが開発した独自の増毛方式「4Dαir」が利用できるからだ。

「4Dαir」がどんな増毛方法なのか、これは他社に真似されないためかもしれないが、詳しい技術はベールに包まれているが、だがある程度どんな技術なのかわかる範囲で調べてみた。

「4Dαir」は単に地毛に毛髪製品を編みつけるという方法ではない。開発者の金山達哉さんは「従来の技術では限界があった」と述べているように、従来の方法に縛られない増毛法を採用しているらしい。

「4Dαir」はまず専用の機械で頭皮状況、頭の形などをデータ化するようだ。オレたちの頭の形、薄毛の進行具合をデータ化して、自然な仕上がりにするために個々の特徴を掴む作業が行なわれる。データではじき出されたのが、オレたちひとりひとりのニーズやライフスタイルに合った毛髪用製品というわけだ。

この「4Dαir」という新しい増毛技術はあまりに画期的だから、現在特許申請中になっているのも興味深い点だな。

最新の増毛方法興味あるよな。仕上がりは期待以上だぞ。前から見て自然仕上がりになるだけではない。360度どの角度から見てもフィットしていて不自然なところはまるでない。これこそオレたちが手に入れたかった状態だ。

「4Dα」なら徐々に増やすということも可能だ。会社に勤めているヤツらは急に髪の毛が増えると怪しまれるよな。だから少しずつ自然に増やせる「4Dα」は非常に有効だ。

「4Dα」なら髪型も自由にアレンジできるから、髪形を変えながら目立たないように髪を増やしていくのも一つの方法だよな。

「4Dα」ならオールバックだって大丈夫だし、ショートヘアでかっこよく決めることさえ可能だ。

自然な仕上がりになるためにはカウンセラーの増毛プランを参考にしたほうがよい。だがアートネイチャーはある程度オレたちの個人的な要望にも応えながら増毛してくれる。

「4Dα」は部分増毛も可能だ。前髪だけ増やしたいとか、もっとボリュームを出してこんな髪形にも挑戦してみたいなども言ってみるといいかもな。

アートネイチャー4Daの公式ページはこちら

他にも色々!アートネイチャーがお悩みに応えるぞ!

今アートネイチャーの最大の売りが4Dαなのだが、今までの他の商品も非常に魅力的なもがある。4Dα以外の増毛法のほうが自分に合っているということもあるから、他の商品も紹介していこう。

マープ系とウィッグ系

アートネイチャーの増毛法は大きく分けて、マープ系とウィッグ系に分かれる。
マープ系は今ある髪の毛に毛髪製品を取り付けていくもので、ウィッグ系は出来上がった毛髪製品を頭に取り付けるというタイプだ。ではさっそくマープ系とウィッグ系の人気の商品を見ていこう。

ミクロポイント(マープ系)

ミクロポイントというのは、地毛に人工毛髪を取り付けていくというマープ法の中でも、とりわけスピーディーに増毛が行なえる方法だ。
なぜスピーディーな増毛が可能なのかというと、1本の地毛に複数本の人工毛髪を取り付けられるからだ。何と1時間で1000本増毛することさえ可能だ。
短期間で自由に本数を増やせるので、従来法より費用を抑えることができる。
部分薄毛で悩んでいて一部分だけの毛髪本数を増やしたい人、短い時間で全体的に髪の数を増やしたい人などはこの方法がおすすめだ。

マープライブ(マープ系)

続いて紹介するのがマープライブという増毛法だ。この増毛法も残っている地毛に人工毛髪を取り付けるという点では同じなのだが、取り付ける人工毛髪の種類が違う。
通常毛髪は断面にすると○だよな。
ところがマープライブの人工毛髪の断面はクローバー型になっている。クローバー型の人工毛髪は通常のものよりハリやコシが出やすい。
髪にボリュームが出るのだ。自分は髪全体がフワッと立ち上がるスタイルが好きという人にはおすすめの増毛法というわけだな。

ラピーダ レヴォ(マープ系)

最後に紹介するマープ形増毛法が、「ラピーダ レヴォ」だ。「ラピーダ レヴォ」の特徴は簡単に言うと「自然な仕上がり」だ。マープ法で毛を増やしていくと、時として一部分だけ急に増えて不自然になる。「ラピーダ レヴォ」は、この不自然さを解消する商品だ。
地毛に新構造のレースを結びつけてそこに毛髪製品を取り付ける方法により、一箇所だけ髪が多いという不自然さはない。
増毛箇所と増毛していない箇所の境目が目立たずナチュラルな仕上がりなる。M字ハゲを増毛するなど自然に他の毛とマッチする増毛法を望んでいる場合にはピッタシの増毛法だろう。

ヘアフォーライフ(ウィッグ系)

ヘアフォーライフはウィッグなので要はカツラだ。といっても以前のように頭にのせるだけでいつ滑り落ちるか分からないというものではないぞ。
まるで自分の髪のように扱えるのがヘアフォーライフの特徴だ。なんで自分の髪のようになるのかというと、ヘアフォーライフは一人ひとりの頭の形に合わせてオーダーメイドで作られるウィッグだからだ。

とにかくフィット感が抜群で、自然な仕上がりとなる。ウィッグは通常外出時に取り付けて、帰宅したらはずすというものが多いが、ヘアフォーライフははずす必要がなく、シャワーやシャンプーも付けたまま行なうことができる。
名前の通り「生活のために作られた毛髪製品」ということだな。

ヘアフォーライフなら髪の量も質もオーダーメイドだから、自分の好きなヘアスタイルをしたいというヤツには持ってこいの増毛法だ。アートネイチャーに来店する2人に1人はこのヘアフォーライフを選択するというからも、人気の高さが分かるだろう。

レクア(ウィッグ系)

レクアは薄い人工頭皮を頭皮に張り付けるというタイプだ。極薄のために張り付けたあとはまるで地肌から生えているように見える。すごいのは第3者が至近距離から見ても、人口毛髪を張り付けているとは分からないという点だ。高い耐久性で、汗をかいたとしても張り付け部分がはがれることはない。ショートヘアでスポーツを楽しみたいというヤツらもレクアならできてしまうぞ。

こうやって見ていくと、さすがは増毛業界の老舗アートネイチャーっていう感じだな。増毛と決めてしまえばほしい髪形は何でも手に入れてしまえるし、増毛後の生活のしやすさも考えてくれている。

アートネイチャーの公式ページはこちら

多くの人が治療している!その口コミや評判は?

良い口コミ
40代男性:「勇気がいりましたが、無料体験があるので行ってきました。サロンの雰囲気はとっても良かったですし強引な勧誘もなかったので、さっそくお願いしました」
20代男性:「値段はしっかりしますが、さすがはアートネイチャーという仕上がりと生活感のよさです。もう3年愛用しています」
30代男性:「4Dαを試してみました。さすがはトップ企業。本当に生え際が自然です。自信回復に役立ちます」
50代女性:「社員の方の教育がとてもよくなされているなという印象をお見受けしました。非常にレベルの高い企業だと思います」
40代女性:「女性のこともよく分かっている企業だと思います。」
悪い口コミ
30代男性「年間で数十万という経費がかかってしまう。しょうがないとは思いますが、経済的には負担となっています」
20代男性:「メンテナンスで月に一度サロンに通わなくてはいけないというのが面倒です」
40代男性:「商品はいいが、地毛の抜け毛をストップさせるわけではない。結局増毛してもその毛が抜けると増毛した毛も一緒に抜けてしまう」
30代男性:「育毛コースは快適だが、正直生えないと思います」
30代女性:「感じもよく、利用したいと思いましたが、値段を見てあきらめました。公式サイトには値段が載ってないのである程度覚悟していたのですが、予想を超える値段の高さでした」

口コミから分析するアートネイチャーの評判をまとめてみよう。端的にいうと「商品の品質も接客もよいが、料金は高い」というものだ。

アートネイチャーの社質としては、ただ増毛する会社でなく、生え際の仕上がり、生活感ある使いごこちなど、またアートネイチャーの製品を使いたいと思うように、お客様視点で考える会社のようだ。

ただ値段が高いので、ある程度経済的に余裕がある人限定で、なおかつ発毛はすでにあきらめ、オレは増毛でいいと割り切った人がずっと使っていける商品ということだろう。

経済的な余裕がないヤツや、まだ自分の髪の毛で勝負したいと思うヤツらは行かないほうがいいかもな。アートネイチャーには一応「育毛コース」というのがあるが、頭皮を清潔にしてくれるだけだ。発毛したいヤツはクリニックに行くほうがいい。

アートネイチャーの公式ページはこちら

増毛の流れは?女性のお悩みにも応えます!

つづいてアートネイチャーの流れを見ていこう。4つの段階に分かれている。

予約

来店にはかならず予約が必要だ。増毛というプライベートなことを行なう場所だから、直接来店では受け付けてくれない。電話か、ウェブ上か、郵送でコンタクトを取り、訪問日が決まってから来店という流れになる。

カウンセリング

予約してからの来店なのでお店の入り口に入ったときから、完全プライベートが確保されている。すぐに個室のカウンセリングルームで髪の悩みをヒアリングしてもらえる。さらにカウンセリング時に、マイクロスコープで自分の頭皮の状況を確認できるぞ。そしてオレたちの希望も取り入れてくれた上で、頭皮の状況も考慮し最適な増毛方法が提案される。

増毛施術

自分に合った毛色と毛質を選択して、増毛施術となる。マープ増毛法の体験コースではこのとき100本(無料)から1000本(1万円)の増毛をしてもらえる。

カット

増毛後には専門の理容師がカットしてくれるぜ。

これら4段階がアートネイチャーで行なわれる。4段階すべてが女性と男性が完全に分かれているために、完全プライベートが確保されているし、女性も安心して自分の薄毛の悩みに答えてもらえるぞ。

初めての方でも安心!まずはお試し体験から!

アートネイチャーに興味があるヤツでも、増毛会社への訪問は正直敷居が高いし、値段面も心配というヤツも多いよな。そこ利用したいのが、アートネイチャーのお試し体験だ。

一流の会社だから、無料体験をしたからといって、執拗な勧誘をするようなことは一切ないし、契約しなければ気まずいというような雰囲気もない。

本当に「まずはお試し体験でアートネイチャーの増毛のすばらしさを体感してほしい」と思っている企業のようだ。

お試し体験は3種類あるのでひとつひとつ見ていこう。

無料ヘアチェック

頭皮の状態を専用のマイクロスコープを用いてチェックしてもらえる。このとき手元のiPadで自分の頭皮の状況が手に取るように分かるぞ。頭皮の状況に合わせて毛髪診断士が最適の提案をしてくれる。このヘアチェックはすべて無料だ。

マープ無料体験

毛髪を地毛に編みこんでいくマープ増毛を100本までなら無料で体験できる。1000本でも初回に限り1万円で体験できる。本来は増毛は一本あたり45円~となっているので、1万円で1000本は相当お買い得だ。最新技術の4Dαも初回なら体験価格で利用できるぞ。

ヘアフォーライフ無料体験

アートネイチャーの一番人気商品ヘアフォーライフも無料体験できる。試用期間は1ヶ月だ。実際に体感してみて、使い心地を確認するといいだろう。気に入らなければ、続けずに返せばいい話で、本当に無料だ。

初めてのヤツらはまずはお試し体験から入るといいだろう。まずは商品を知るのが重要だからな。

女性の髪のお悩みにはレディースアートネイチャー!

アートネイチャーは最近は女性の薄毛に力を入れていて、レディースアートネイチャーとして事業を展開している。レディースアートネイチャーではどんなことが行なわれるのか簡単に説明していこう。

増毛の流れは男性とほぼ同じだ。まずは事前に予約してからの来店となる。

ただしレディースの場合は男性のようにハゲや薄毛が深刻な場合は少なく、ウィッグや増毛でオシャレを楽しむという点に重きが置かれているようだ。
来店するとまずはカウンセリングで好みのスタイルを選べる。増毛もできるし、ウィッグを取り付けることも可能だ。

ウィッグの場合

ウィッグの場合、バリエーション豊富なウィッグサンプルで、試着体験ができる。ウィッグコンセルジェがお客さんの希望を考慮しながら、個々に合ったウィッグを提案してくれるぞ。

気に入ったら自分用のオーダーメイドのウィッグ製作となる。さすがは一流企業でウィッグの種類も豊富だ。
オシャレなカラー付きウィッグも選べるし、髪質もソフトタイプやボリュームのあるタイプなどいろいろ選べる。

完全オーダーメイドウィッグなために、頭のサイズが測定されて、しばらくすると地毛の流れやクセも考慮されたオーダーメイドウィッグが出来上がる。
ウィッグは男性同様、無料お試しがあるぞ。

増毛の場合

増毛はレディースマープという名で提供されてるが、男性の増毛法と基本変わらない。今ある地毛に人工の毛を結びつけていくというタイプだ。
取り付け本数に従って料金が決まる。レディースの場合、およそ1600本で16万円というのが相場らしい。ちょっと値段は高いが、出来上がりは一流のために満足度は高いようだ。

料金が高いのもあって、まずは体験コースを利用したいところだが、レディースマープは男性用ほど体験コースが充実していない。
男性の場合100本無料と1000本1万円の初回サービスがあるが、レディースマープの体験コース場合は本数は決められず(100本以下のことが多い)増毛方法が体験できる程度だ。

1000本1万円の初回体験はない。
女性の髪のほうが男性より髪質に幅があり、無料体験のために種類を多く用意できないからのようだ。

ウィッグかマープで増毛したあとは、ヘアスタイルを専門の美容師に整えてもらえるぞ。

このように見ていくと、アートネイチャーに行く理由が男性と女性では若干違うことよく分かる。男性は深刻な薄毛やハゲの問題と向き合うために行くのかもしれないが、女性は、オシャレを磨きにいくようだ。

アートネイチャーの公式ページはこちら

まとめ

結論といこう。ここまで見てくると、アートネーチャーは増毛技術という点ではトップクラスの企業であることが分かる。

口コミを見ても高い満足度だ。オレたち気持ちを十分理解してくれている企業というわけだな。

ただ「いいものは料金もいい」というのが世の鉄則だ。増毛料金が高いという口コミが多いのもうなずける。高いだけじゃなくて、アートネイチャーは公式に増毛料金を公表していない。だから料金面でのさらなる不安を煽る。経済的に限界があるヤツは二の足踏むよな。

だからアートネイチャーの体験コースだけ利用しようというのでもしれない。
アートネイチャーは「まずは品質の高いアートネイチャーのよさを分かってもらって、その後料金に納得してもらった人は引き続き使ってください」という距離感なので、気まずい思いをすることなく、アートネイチャーの製品が味わえるぞ。

金があるヤツもないヤツもまず体験お試しだけするといいだろう。

今スグ!アートネイチャーをチェック!

公式サイトへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - AGA・薄毛対策をクリニックでするなら