フサッチ

   

薄毛の気になる人はまずは検査から・AGA検査の種類は大きく2種類に分類

zitaku
自宅で検査ができる。

「抜け毛が増えたような気がする」
「昔と比較して額の生え際が後退したような…」
という悩みを持っているヤツはいるか?

もしかするとAGAを発症している可能性があるな。
でも本当にAGAかどうかわからないから、まずは検査することだな。

AGAの検査は大きく2種類に分類でき、自分で行う検査と病院で検査を受ける方法があるぞ。

AGAが気になるけれども、病院に行く時間がない・面倒という人は自分で行える検査がある。AGA検査のできる専用のキットがある。これを使って検査をするわけだ。

検査キットのやり方は初心者でも簡単。
キットに綿棒がついているはずだから、これを両ほほの内側に20回程度こすりつけて粘膜を採取する。それをキットに指定されている医療機関などに送るだけだ。
しばらくするとAGAかどうかの検査結果が自宅に届くぞ。

この検査キット、遺伝子をチェックすることでAGAかどうかの診断を行っている。
自分で検査キットを使って診断をお願いするのは、病院にいちいち行く必要がなく気軽に受けられるのがメリットだな。
自宅でできるし、病院で検査を受けるのと比較すると費用もかからないぞ。

もしまだ脱毛症を発症していなくても、遺伝子的にAGAになりやすいかどうか診断できるので早めに予防ができるのも大きいぞ。

以下で紹介する病院の検査も、要は遺伝子検査をするわけで基本は一緒だ。
遺伝子をチェックすると何がわかるかだが、俺たちのDNAには塩基が一定のリズムで配列されている。
その中でもCAGとGGCという塩基配列がどの程度繰り返されているのかどうかで、AGAの発症リスクがわかるといわれているんだ。
検査キットも病院での検査も、この塩基配列をチェックするところは一緒、つまり検査キットを使ったからといって品質が著しく落ちることはない。

ただし検査キットの場合、しょせんは素人が粘膜を採取する形になるな。だから自分がAGAを発症しているかどうか、正確に判断するのは難しいかもしれない。
しかも自分がAGAであるとわかった場合、結局のところ病院で治療を受けないといけないわけだ。
だから検査キットは、AGAかどうかの参考資料程度までにとどめておいた方がよさそうだ。

bcacc34e3afed21775320d4f9fd00c3a_s

病院で検査を受ける方法

もう一つのAGAの検査方法として、毛髪外来を標榜している医療機関で検査を受ける方法だな。

さっき紹介した遺伝子検査も病院に行ったら実施してくれるぞ。
自宅で行った場合の検査キットと同じものを使って検査を実施している。

そのほかにも、毛髪の根元には毛包と呼ばれるものが付着している。
この毛包から採取した遺伝子を使って、AGAかどうかを検査する方式をとっているクリニックもあるな。
病院で遺伝子検査を行った場合、医者が採取してくれるので検査結果の正確さもアップするだろう。また医者から直接説明してもらえるので、どのようなAGA対策をすればいいかも具体的にわかるはずだぜ。
希望すれば、すぐにAGA治療を行えるところもメリットだな。

病院でもAGA検査は、遺伝子検査のほかにももう一つの方法が実施されている。それは血液検査だな。
AGAの血液検査といっても、何も特別なことを行っているわけではない。左右いずれかの腕から血液を採取して、遺伝子のDNA塩基配列を見てAGAかどうかの診断を下す方法だな。

血液検査も、結局のところ遺伝子を見てAGAかどうかを判断するわけだな。でも遺伝子検査の場合、綿棒でほほの裏の粘膜を採取するとか毛包を採取するなどのひと手間がかかってしまう。
でも血液検査の場合、注射で血液を採取するので簡単に済ませられるな。
しかも血液検査の場合、どの医療機関でも検査装置が比較的整備されているので気軽に受けられるのもメリットだな。

血液検査の場合、何度も紹介したように注射で血液を採取する必要がある。
大人になっても、注射は痛いから苦手・いやだというヤツもいるよな。そういう野郎にとっては苦痛以外の何物でもないな。
また血管がもともと細いとか、肥満体形で皮下脂肪に血管が隠れているので血液採取の難しい奴もいるな。その場合、血液検査に手間取る可能性もあるぞ。

病院で検査を受ける場合、もう一つ注意しないといけないのは、検査料金だな。
AGA治療は自由診療扱いになるから、全額治療費は自己負担になってしまう。だから検査を受けるにしても、それなりに費用が掛かるな。

まとめ

検査内容やどのクリニックを受診するかによって違ってくるけれども、AGA検査の相場は2万円以上になってしまうな。
これにはAGA治療のための医薬品の処方の費用が含まれているけれども、それでもやっぱり高いことは高い。
検査にかかる費用を少しでも安く抑えたければ、遺伝子検査よりも血液検査を希望したほうがいいかもしれない。
手間がかからない、注射器があれば簡単に採取できるため、遺伝子検査と比較すると多少費用が安くなるかもしれないぜ。
いずれにせよ、抜け毛が増えた、薄毛が気になる人はAGAかどうかの検査を受けておいた方がいいな。
そして検査を受ければ、具体的にどのような治療をすれば自分のAGAにはより高い効果が期待できるかわかるぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - AGA・薄毛対策をクリニックでするなら